初めての面接の前に、自分を鏡で見てみよう

 ニートから就職を目指そうと思っている人もいますね。そうした人の背中を押すべく、マイナビに支えとなる記事が掲載されていますので、それを参考にしながら記事をまとめます。

言葉以外で自分を表現

 まだ面接を経験したことのない人もいることでしょう。では、面接での注意点はどこにあるのでしょうか。マイナビに掲載されている記事には、面接は最初の一分で八割が決まってしまう、と書かれています。ということは、自分が何を言うかよりもどのような佇まい、雰囲気の人間なのかによって印象が決定されていると言っても過言ではないですね。ですので、第一印象を良くすることが内定に繋がると考えられます。


 表現の方法は言葉だけではなく、表情や身振り手振り、もっと細かく言えば視線なども含まれます。言葉にならない部分を取り繕うことは非常に難しいので、そうしたところに着目することによって、人となりが見られているわけです。目は口ほどにものを言う、という諺がありますが、これは正に真実なのです。ですので、鏡を見ながら面接の練習をすることによって、自分を外から見た印象を知り、改善していきましょう。

良い姿勢は体にも良い姿勢

 良い姿勢は体にも良い姿勢だといわれることがあります。背筋を伸ばし、顎を出さず、肩の力を抜いた状態です。小学校で習う机から拳一つ分離れて座る、というのも良い姿勢の練習になります。良い姿勢は印象ももちろん良いです。立ちながらの面接はあまりありませんので、座った状態にも気を配りながら言葉にならない部分で好印象を与えましょう。